0000000010600000000001000000000000000000&ANCHOR_T=1000000000000000000000000000000000000000000000010600000000001000000000000000000#1000000000000000000000000000000000000000000000010600000000001000000000000000000" TARGET="inyo">同条第一項 中「その年五月十五日」とあるのは「平成十年六月十五日」と、「その年六月十五日」とあるのは「同年七月十五日」とする。
 0000000010600000000001000000000000000000&ANCHOR_T=1000000000000000000000000000000000000000000000010600000000001000000000000000000#1000000000000000000000000000000000000000000000010600000000001000000000000000000" TARGET="inyo">同条第一項 中「その年五月十五日」とあるのは「平成十年六月十五日」と、「その年六月十五日」とあるのは「同年七月十五日」とする。
 ILE=%8f%ba%8e%6c%81%5a%96%40%8e%4f%8e%4f&REF_NAME=%93%af%8f%f0&ANCHOR_F=1000000000000000000000000000000000000000000000010800000000000000000000000000000&ANCHOR_T=1000000000000000000000000000000000000000000000010800000000000000000000000000000#1000000000000000000000000000000000000000000000010800000000000000000000000000000" TARGET="inyo">同条 中「その年五月一日又はその年九月十五日」とあるのは、「平成十年六月一日又は同年九月十五日」とする。
 所得税法第百十条 の規定の適用については、同条第一項 中「その年五月一日」とあるのは「平成十年六月一日」と、同条第二項 中「その年五月十五日」とあるのは「平成十年六月十五日」と、同条第四項 中「その年五月一日」とあるのは「平成十年六月一日」とする。
 所得税法第百十一条 の規定の適用については、同条第一項 中「その年六月三十日」とあるのは「平成十年七月三十一日」と、「その年七月十五日」とあるのは「同年八月十五日」と、同条第三項 中「その年六月十五日」とあるのは「平成十年七月十五日」とする。

(居住者の平成十年分の所得税に係る予定納税に係る特別減税の額の控除)
第五条  居住者(所得税法第百七条第一項 各号に掲げる居住者を除く。)の平成十年分の所得税に係る前条第一号の規定により読み替えて適用される同法第百四条第一項 の規定により同項 に規定する第一期において納付すべき所得税の額は、当該所得税の額に相当する金額(以下この項及び次項において「控除前第一期予定納税額」という。)から予定納税特別減税額を控除した金額に相当する金額とする。この場合において、当該予定納税特別減税額が当該控除前第一期予定納税額を超えるときは、当該控除をする金額は、当該控除前第一期予定納税額に相当する金額とする。
 前項の場合において、予定納税特別減税額を控除前第一期予定納税額から控除してもなお控除しきれない金額(以下この項において「控除未済予定納税特別減税額」という。)があるときは、前条第一号の規定により読み替えて適用される所得税法第百四条第一項 の規定により同条第一項 中「その年五月十五日」とあるのは「平成十年六月十五日」と、「その年六月十五日」とあるのは「同年七月十五日」とする。