特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令
(平成十七年四月二十七日政令第百六十九号)


最終改正:平成二八年八月一八日政令第二八三号


 内閣は、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律 (平成十六年法律第七十八号)第二条第一項 及び第二十六条第一項 の規定に基づき、この政令を制定する。

(政令で定める外来生物)
第一条  特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律 (以下「法」という。)第二条第一項 の政令で定める外来生物は、次に掲げる生物とする。
 別表第一の種名の欄に掲げる種(亜種又は変種を含む。以下同じ。)に属する生物
 別表第二の種名の欄の左欄に掲げる種に属する生物がそれぞれ同表の種名の欄の右欄に掲げる種に属する生物と交雑することにより生じた生物(その生物の子孫を含む。)

(個体に含まれるもの)
第二条  法第二条第一項 の個体に含まれる政令で定めるものは、胞子とする。

(政令で定める外来生物の器官)
第三条  法第二条第一項 の政令で定める器官は、別表第三の種名の欄に掲げる外来生物の種の区分に応じ、それぞれ同表の器官の欄に定める器官とする。

(特定外来生物被害防止取締官の資格)
第四条  法第二十六条第一項 の政令で定める要件は、次の各号のいずれかに該当することとする。
 通算して三年以上生物による生態系等に係る被害の防止に関する行政事務に従事した者であること。
 学校教育法 (昭和二十二年法律第二十六号)に基づく大学若しくは高等専門学校において生物学、農学、林学、水産学、造園学その他生物による生態系等に係る被害の防止に関して必要な課程を修めて卒業した者又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者であって、通算して一年以上生物による生態系等に係る被害の防止に関する行政事務に従事したものであること。

   附 則 抄

(施行期日)
第一条  この政令は、法の施行の日(平成十七年六月一日)から施行する。

   附 則 (平成一七年一二月一四日政令第三六二号)

(施行期日)
第一条  この政令は、平成十八年二月一日から施行する。ただし、次条の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)
第二条  この政令による改正後の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令(以下「新令」という。)別表第一の下欄に掲げる種(亜種又は変種を含む。以下同じ。)のうちこの政令による改正前の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令(以下「旧令」という。)別表第一の下欄に掲げられていないもの及び新令別表第二の上欄に掲げる外来生物の種の区分に応じそれぞれ同表の下欄に定める器官のうち旧令別表第二の上欄に掲げる外来生物の種の区分に応じそれぞれ同表の下欄に定められていないものに係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(以下「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(以下「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成一八年七月二一日政令第二四〇号)

(施行期日)
第一条  この政令は、平成十八年九月一日から施行する。ただし、次条の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)
第二条  この政令による改正後の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第一の下欄に掲げる種(亜種又は変種を含む。)のうち、この政令による改正前の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第一の下欄に掲げられていないものに係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成一九年八月三日政令第二四六号)

(施行期日)
第一条  この政令は、平成十九年九月一日から施行する。ただし、次条の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)
第二条  アノリス・アングスティケプスに係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成一九年一一月一六日政令第三三八号)

(施行期日)
第一条  この政令は、平成二十年一月一日から施行する。ただし、次条の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)
第二条  この政令による改正後の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第一の下欄に掲げる種(亜種又は変種を含む。)のうち、この政令による改正前の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第一の下欄に掲げられていないものに係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成二一年一二月一一日政令第二八七号)

(施行期日)
第一条  この政令は、平成二十二年二月一日から施行する。ただし、次条の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)
第二条  ムンゴス・ムンゴ(シママングース)に係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成二三年五月一八日政令第一四二号)

(施行期日)
第一条  この政令は、平成二十三年七月一日から施行する。ただし、次条の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)
第二条  アノリス・アルログス、アノリス・アルタケウス及びアノリス・ホモレキスに係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成二五年七月五日政令第二一五号)

(施行期日)
 この政令は、平成二十五年九月一日から施行する。ただし、次項及び附則第三項の規定は、公布の日から施行する。
(経過措置)
 カルロスキウルス・フィンライソニイ(フィンレイソンリス)に係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成二六年五月三〇日政令第二〇一号)

(施行期日)
 この政令は、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律の一部を改正する法律(以下「改正法」という。)の施行の日(平成二十六年六月十一日)から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。
 次項及び附則第三項の規定 公布の日
 別表第一の第一の改正規定 平成二十六年八月一日
(経過措置)
 次の各号に掲げる生物に係る改正法による改正後の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(以下「新法」という。)第二条第一項に規定する特定外来生物についての新法第五条第一項の許可を受けようとする者は、当該各号に掲げる生物の区分に応じ、当該各号に定める日前においても、その許可の申請をすることができる。
 この政令による改正後の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令(以下「新令」という。)別表第一の下欄に掲げる種(亜種又は変種を含む。以下同じ。)のうちこの政令による改正前の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第一の下欄に掲げられていないもの(次号に掲げる生物を除く。)及び新令別表第二の中欄に掲げる種に属する生物がそれぞれ同表の下欄に掲げる種に属する生物と交雑することにより生じた生物(その生物の子孫を含む。) この政令の施行の日
 ブランタ・カナデンスィス(カナダガン) 前項第二号に掲げる規定の施行の日
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、同項各号に掲げる生物の区分に応じ、当該各号に定める日前においても、新法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、同日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成二七年一月一五日政令第八号)

(施行期日)
 この政令は、平成二十七年三月一日から施行する。ただし、次項及び附則第三項の規定は、公布の日から施行する。
(経過措置)
 ヴェスパ・ヴェルティナ(ツマアカスズメバチ)に係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成二七年八月二六日政令第二九八号)

(施行期日)
 この政令は、平成二十七年十月一日から施行する。ただし、次項及び附則第三項の規定は、公布の日から施行する。
(経過措置)
 この政令による改正後の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第一の第一の六の(二)のひめぐも科の項に掲げる種(亜種又は変種を含む。)のうち、この政令による改正前の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第一の第一の六の(二)のひめぐも科の項に掲げられていないものに係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。

   附 則 (平成二八年八月一八日政令第二八三号) 抄

(施行期日)
第一条  この政令は、平成二十八年十月一日から施行する。ただし、次条の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)
第二条  この政令による改正後の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令(以下この項において「新令」という。)別表第一の種名の欄に掲げる種(亜種又は変種を含む。以下この項において同じ。)のうちこの政令による改正前の特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第一の下欄に掲げられていないもの並びに新令別表第二の第一の二及び三のイの種名の欄の左欄に掲げる種に属する生物がそれぞれ同表の第一の二及び三のイの種名の欄の右欄に掲げる種に属する生物と交雑することにより生じた生物(その生物の子孫を含む。)に係る特定外来生物についての特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(次項において「法」という。)第五条第一項の許可を受けようとする者は、この政令の施行の日(次項において「施行日」という。)前においても、その許可の申請をすることができる。
 主務大臣は、前項の規定により許可の申請があった場合には、施行日前においても、法第五条第一項の許可をすることができる。この場合において、当該許可は、施行日にその効力を生ずる。


別表第一 外来生物の種 (第一条関係)

種名
第一 動物界
 一 哺乳綱
  イ カンガルー目
  (1) クスクス科
Trichosurus vulpecula(フクロギツネ)
  ロ 食虫目
  (1) はりねずみ科
Erinaceus属(ハリネズミ属)全種
  ハ 霊長目
  (1) おながざる科
Macaca cyclopis(タイワンザル)
Macaca fascicularis(カニクイザル)
Macaca mulatta(アカゲザル)
  ニ 齧歯目
  (1) ヌートリア科
Myocastor coypus(ヌートリア)
  (2) りす科
Callosciurus erythraeus(クリハラリス)
Callosciurus finlaysonii(フィンレイソンリス)
Pteromys volans(タイリクモモンガ)のうちPteromys volans orii(エゾモモンガ)以外のもの
Sciurus carolinensis(トウブハイイロリス)
Sciurus vulgaris(キタリス)のうちSciurus vulgaris orientis(エゾリス)以外のもの
  (3) ねずみ科
Ondatra zibethicus(マスクラット)
  ホ 食肉目
  (1) あらいぐま科
Procyon cancrivorus(カニクイアライグマ)
Procyon lotor(アライグマ)
  (2) いたち科
Mustela vison(アメリカミンク)
  (3) マングース科
Herpestes auropunctatus(フイリマングース)
Herpestes javanicus(ジャワマングース)
Mungos mungo(シママングース)
  ヘ 偶蹄目
  (1) しか科
Axis属(アキシスジカ属)全種
Cervus属(シカ属)に属する種のうちCervus nippon centralis(ホンシュウジカ)、Cervus nippon keramae(ケラマジカ)、Cervus nippon mageshimae(マゲシカ)、Cervus nippon nippon(キュウシュウジカ)、Cervus nippon pulchellus(ツシマジカ)、Cervus nippon yakushimae(ヤクシカ)及びCervus nippon yesoensis(エゾシカ)以外のもの
Dama属(ダマシカ属)全種
Elaphurus davidianus(シフゾウ)
Muntiacus reevesi(キョン)
 二 鳥綱
  イ かも目
  (1) かも科
Branta canadensis(カナダガン)
  ロ すずめ目
  (1) ちめどり科
Garrulax canorus(ガビチョウ)
Garrulax perspicillatus(カオグロガビチョウ)
Garrulax sannio(カオジロガビチョウ)
Leiothrix lutea(ソウシチョウ)
 三 爬虫綱
  イ かめ目
  (1) かみつきがめ科
Chelydra serpentina(カミツキガメ)
  (2) いしがめ科
Mauremys sinensis(ハナガメ)
  ロ とかげ亜目
  (1) アガマ科
Japalura swinhonis(スウィンホーキノボリトカゲ)
  (2) たてがみとかげ科
Anolis allogus(アノリス・アルログス)
Anolis alutaceus(アノリス・アルタケウス)
Anolis angusticeps(アノリス・アングスティケプス)
Anolis carolinensis(グリーンアノール)
Anolis equestris(ナイトアノール)
Anolis garmani(ガーマンアノール)
Anolis homolechis(アノリス・ホモレキス)
Anolis sagrei(ブラウンアノール)
  ハ へび亜目
  (1) なみへび科
Boiga cyanea(ミドリオオガシラ)
Boiga cynodon(イヌバオオガシラ)
Boiga dendrophila(マングローブヘビ)
Boiga irregularis(ミナミオオガシラ)
Boiga nigriceps(ボウシオオガシラ)
Elaphe taeniura friesi(タイワンスジオ)
  (2) くさりへび科
Protobothrops mucrosquamatus(タイワンハブ)
 四 両生綱
  イ 無尾目
  (1) ひきがえる科
Bufo cognatus(プレーンズヒキガエル)
Bufo guttatus(キンイロヒキガエル)
Bufo marinus(オオヒキガエル)
Bufo melanostictus(ヘリグロヒキガエル)
Bufo punctatus(アカボシヒキガエル)
Bufo quercicus(オークヒキガエル)
Bufo speciosus(テキサスヒキガエル)
Bufo typhonius(コノハヒキガエル)
  (2) あまがえる科
Osteopilus septentrionalis(キューバズツキガエル)
  (3) ゆびなががえる科
Eleutherodactylus coqui(コキーコヤスガエル)
Eleutherodactylus johnstonei(ジョンストンコヤスガエル)
Eleutherodactylus planirostris(オンシツガエル)
  (4) じむぐりがえる科
Kaloula pulchra(アジアジムグリガエル)
  (5) あかがえる科
Rana catesbeiana(ウシガエル)
  (6) あおがえる科
Polypedates leucomystax(シロアゴガエル)
 五 条鰭亜綱
  イ こい目
  (1) こい科
Acheilognathus macropterus(オオタナゴ)
  ロ なまず目
  (1) ぎぎ科
Tachysurus fulvidraco(コウライギギ)
  (2) イクタルルス科
Ameiurus nebulosus(ブラウンブルヘッド)
Ictalurus punctatus(チャネルキャットフィッシュ)
Pylodictis olivaris(フラットヘッドキャットフィッシュ)
  (3) なまず科
Silurus glanis(ヨーロッパナマズ)
  ハ かわかます目
  (1) かわかます科
かわかます科全種
  ニ かだやし目
  (1) かだやし科
Gambusia affinis(カダヤシ)
Gambusia holbrooki(ガンブスィア・ホルブロオキ)
  ホ すずき目
  (1) サンフィッシュ科
Lepomis macrochirus(ブルーギル)
Micropterus dolomieu(コクチバス)
Micropterus salmoides(オオクチバス)
  (2) はぜ科
Neogobius melanostomus(ラウンドゴビー)
  (3) あかめ科
Lates niloticus(ナイルパーチ)
  (4) モロネ科
Morone americana(ホワイトパーチ)
Morone chrysops(ホワイトバス)
Morone saxatilis(ストライプトバス)
  (5) パーチ科
Gymnocephalus cernua(ラッフ)
Perca fluviatilis(ヨーロピアンパーチ)
Sander lucioperca(パイクパーチ)
  (6) けつぎょ科
Siniperca chuatsi(ケツギョ)
Siniperca scherzeri(コウライケツギョ)
 六 昆虫綱
  イ 甲虫目
  (1) こがねむし科
Cheirotonus属(テナガコガネ属)に属する種のうちCheirotonus jambar(ヤンバルテナガコガネ)以外のもの
Euchirus属(クモテナガコガネ属)全種
Propomacrus属(ヒメテナガコガネ属)全種
  ロ はち目
  (1) みつばち科
Bombus terrestris(セイヨウオオマルハナバチ)
  (2) あり科
Linepithema humile(アルゼンチンアリ)
Solenopsis geminata(アカカミアリ)
Solenopsis invicta(ヒアリ)
Wasmannia auropunctata(コカミアリ)
  (3) すずめばち科
Vespa velutina(ツマアカスズメバチ)
 七 甲殻綱
  イ えび目
  (1) ざりがに科
Astacus属(アスタクス属)全種
Pacifastacus leniusculus(ウチダザリガニ)
  (2) アメリカざりがに科
Orconectes rusticus(ラスティークレイフィッシュ)
  (3) みなみざりがに科
Cherax属(ケラクス属)全種
  (4) もくずがに科
Eriocheir属(モクズガニ属)に属する種のうちEriocheir japonica(モクズガニ)以外のもの
 八 くも綱
  イ さそり目
  (1) きょくとうさそり科
きょくとうさそり科全種
  ロ くも目
  (1) じょうごぐも科
Atrax属(アトラクス属)全種
Hadronyche属(ハドロニュケ属)全種
  (2) いとぐも科
Loxosceles gaucho(ロクソスケレス・ガウコ)
Loxosceles laeta(ロクソスケレス・ラエタ)
Loxosceles reclusa(ロクソスケレス・レクルサ)
  (3) ひめぐも科
Latrodectus属(ゴケグモ属)に属する種のうちLatrodectus elegans(アカオビゴケグモ)以外のもの
 九 二枚貝綱
  イ いがい目
  (1) いがい科
Limnoperna属(カワヒバリガイ属)全種
  ロ まるすだれがい目
  (1) かわほととぎすがい科
Dreissena bugensis(クワッガガイ)
Dreissena polymorpha(カワホトトギスガイ)
 十 腹足綱
  イ まいまい目
  (1) スピラクスィダエ科
Euglandina rosea(ヤマヒタチオビ)
 十一 渦虫綱
  イ 三岐腸目
  (1) やりがたりくうずむし科
Platydemus manokwari(ニューギニアヤリガタリクウズムシ)
第二 植物界
  (1) ひゆ科
Alternanthera philoxeroides(ナガエツルノゲイトウ)
  (2) せり科
Hydrocotyle ranunculoides(ブラジルチドメグサ)
  (3) さといも科
Pistia stratiotes(ボタンウキクサ)
  (4) あかうきくさ科
Azolla cristata(アゾルラ・クリスタタ)
  (5) きく科
Coreopsis lanceolata(オオキンケイギク)
Gymnocoronis spilanthoides(ミズヒマワリ)
Mikania micrantha(ツルヒヨドリ)
Rudbeckia laciniata(オオハンゴンソウ)
Senecio madagascariensis(ナルトサワギク)
  (6) うり科
Sicyos angulatus(アレチウリ)
  (7) もうせんごけ科
Drosera intermedia(ナガエモウセンゴケ)
  (8) ありのとうぐさ科
Myriophyllum aquaticum(オオフサモ)
  (9) あかばな科
Ludwigia grandiflora(ルドウィギア・グランディフロラ)
  (10) いね科
Ammophila arenaria(ビーチグラス)
Spartina属(スパルティナ属)全種
  (11) ごまのはぐさ科
Veronica anagallis―aquatica(オオカワヂシャ)
備考 括弧内に記載する呼称は、学名に相当する和名その他の名称である。


別表第二 交雑することにより生じた生物 (第一条関係)

種名
第一 動物界
 一 哺乳綱
  イ 霊長目
  (1) おながざる科
Macaca cyclopis(タイワンザル) Macaca fuscata(ニホンザル)
Macaca mulatta(アカゲザル) Macaca fuscata(ニホンザル)
 二 爬虫綱
  イ かめ目
  (1) いしがめ科
Mauremys sinensis(ハナガメ) Mauremys japonica(ニホンイシガメ)
Mauremys sinensis(ハナガメ) Mauremys mutica(ミナミイシガメ)
Mauremys sinensis(ハナガメ) Mauremys reevesii(クサガメ)
 三 条鰭亜綱
  イ かわかます目
  (1) かわかます科
かわかます科に属する種 かわかます科に属する他の種
  ロ すずき目
  (1) モロネ科
Morone chrysops(ホワイトバス) Morone saxatilis(ストライプトバス)
備考 括弧内に記載する呼称は、学名に相当する和名である。


別表第三 外来生物の器官 (第三条関係)

種名 器官
Alternanthera philoxeroides(ナガエツルノゲイトウ) 茎、根
Hydrocotyle ranunculoides(ブラジルチドメグサ) 茎、根
Pistia stratiotes(ボタンウキクサ) 茎、根
Azolla cristata(アゾルラ・クリスタタ)
Coreopsis lanceolata(オオキンケイギク)
Gymnocoronis spilanthoides(ミズヒマワリ) 茎、根
Mikania micrantha(ツルヒヨドリ)
Rudbeckia laciniata(オオハンゴンソウ)
Senecio madagascariensis(ナルトサワギク) 茎、根
10 Drosera intermedia(ナガエモウセンゴケ) 茎、根
11 Myriophyllum aquaticum(オオフサモ) 茎、根
12 Ludwigia grandiflora(ルドウィギア・グランディフロラ) 茎、根
13 Ammophila arenaria(ビーチグラス)
14 Spartina属(スパルティナ属)全種 茎、根
15 Veronica anagallis―aquatica(オオカワヂシャ)
備考 括弧内に記載する呼称は、学名に相当する和名その他の名称である。