森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法施行規則
(平成二十年五月十六日農林水産省令第三十七号)


最終改正:平成二五年五月三一日農林水産省令第四五号


 森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法 (平成二十年法律第三十二号)第三条第三項 (同条第五項 において準用する場合を含む。)、第四条第六項 (同条第八項 において準用する場合を含む。)並びに第五条第二項 及び第四項 の規定に基づき、森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法施行規則を次のように定める。

(基本方針の協議の手続)
第一条  森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法 (以下「法」という。)第四条第四項 の規定による協議は、協議書及び同条第五項 の規定により都道府県知事が公表しようとする基本方針を農林水産大臣に提出してするものとする。
 法第四条第六項 において準用する同条第四項 の規定による協議は、協議書並びに変更しようとする事項及びその理由を記載した書類を農林水産大臣に提出してするものとする。

(特定間伐等促進計画の協議の手続)
第二条  法第五条第六項 の規定による協議は、協議書並びに同条第七項 の規定により市町村が公表しようとする特定間伐等促進計画及び当該特定間伐等促進計画の区域を表示した図面を都道府県知事に提出してするものとする。
 法第五条第八項 において準用する同条第六項 の規定による協議は、協議書並びに変更しようとする事項及びその理由を記載した書類並びに当該変更に係る森林の区域を表示した図面を都道府県知事に提出してするものとする。

(農林水産大臣に提出する特定間伐等促進計画の添付書類)
第三条  市町村は、法第六条第一項 の規定により農林水産大臣に特定間伐等促進計画を提出する場合においては、当該特定間伐等促進計画に次に掲げる書類を添付しなければならない。
 特定間伐等促進計画の区域を表示した図面
 次条第一項の規定により法第六条第二項 の交付金の額の限度を算出するために必要な資料

(交付金の交付の方法等)
第四条  法第六条第二項 の交付金は、特定間伐等促進計画を提出した市町村ごとに交付するものとし、その額は、農林水産大臣の定めるところにより算出された額を限度とする。
 前条及び前項に定めるもののほか、交付金の交付の対象となる事業、交付金の交付の手続、交付金の経理その他の必要な事項については、農林水産大臣の定めるところによる。

(特定増殖事業計画の記載事項)
第五条  法第九条第二項第三号 の農林水産省令で定める事項は、伐採樹種及び伐採の期間とする。

林業種苗法第十条第一項 の規定による登録を受けたものとみなされる場合における記録の方法)
第六条  法第九条第一項 に規定する特定都道府県知事は、法第十二条第一項 の規定により林業種苗法 (昭和四十五年法律第八十九号)第十条第一項 の規定による登録を受けたものとみなされる場合における同条第二項第一号 から第五号 までに掲げる事項並びに登録番号及び登録年月日の記録については、林業種苗法施行令 (昭和四十五年政令第百九十四号)第二条 の生産事業者登録簿に登載して行うことができる。

林業種苗法第十二条第一項 の規定が適用される場合における登録証の様式)
第七条  法第十二条第一項 の規定により林業種苗法第十二条第一項 の規定が適用される場合には、同項 の登録証の様式は、林業種苗法施行規則 (昭和四十五年農林省令第四十号)第十一条 の規定にかかわらず、別記様式によるものとする。

   附 則

 この省令は、公布の日から施行する。
   附 則 (平成二五年五月三一日農林水産省令第四五号)

 この省令は、公布の日から施行する。

別記様式 (日本工業規格A4)
 (略)